ゲルマニウムとは

ゲルマニウムとは


1885年 ドイツのウインクラー博士が、

銀の鉱石 アルジロダイドから、この元素を分離する事に成功し、

発見されたのがゲルマニウムです。

ウインクラー博士の国、ドイツの別名 ゲルマンにちなんで

「自由」を意味する「ゲルマニウム」と名付けられました。
              
ゲルマニウムは元々、自然界には広く分布していますが、

他の物質に紛れ込んでいる為、

これがゲルマニウムですよというような形で人間の目で見る事は出来ません。

ゲルマニウムは地球の地殻に分布している元素に少量ずつ含まれる

希少価値の高い、亜金属の半導体です。

一般的に呼ばれているゲルマニウムとは、

世界で数ヶ所しか取れないゲルマニウム含有量が多い鉱石や、

薬用植物を総称して呼んでいます。
 
人間には生体電流と呼ばれる微弱電流が流れており、

そのバランスが乱れるとその症状として、

肩のコリ、痛み、ヒザ、足の痛み、しびれ、めまい等々がでます。

ゲルマニウムの表面にはマイナスの電子が発生しており、

皮膚に触れることにより電子的反応を起こし、

そこに電流が発生し、乱れた生体電流を整え、

様々な身体の不快症状に好影響を及ぼすことが知られています。

posted by ほし at 17:27 | ゲルマニウムとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。